クラブ活動 
     勉強との両立は可能か  
3つのポイントにこたえる

クラブと勉強の両立

<塾通いとうまく両立できない>

 クラブによって差があるけど、部活は週に1〜3回、1回の活動が1〜2時間といったところだろう。やる気のあるクラブだと、もっと多いかもしれない。朝練なんかもあるからね。 塾の授業は、週2〜3回で、やはり2時間くらいのところが多い。 6時限目の授業が終わるのがだいたい3時だから、放課後、部活をやったあとで、7時ころからの塾へだったら、時間的に行けなくはない。実際に、こういう通い方をしている人もいる。だが、これはけっしてラクじゃない。クラブ、勉強ともマジメにやる人ほど、だんだん疲れてしまう。 趣味的なクラブならいいんだけど、体力や気力を消耗するクラブと、塾の両立はなかなか難しい。同じ曜日に重なるようなことは、なるべくさけたいね。でないと、いつかムリがくる。でも、クラブと勉強の両立は決してムリじゃない。あの桜蔭学園の女の子だって、朝練なんかでがんばって、大会に出たりしてるんだから(ちっとも勝てないけどね)。受験前になればしようがないけど、キミたちにはできるだけクラブに入ってもらいたいし、長く続けてもらいたい。勉強とは別の、たくさんのものが得られるのだから。

<勉強の方を工夫してみよう>

クラブはみんながひとつの場所でやるものだから、キミはそれに合わせなきゃならない。でも、勉強は自分で時間を決められる。勉強の方を、なるべく効率よく進めるよう工夫しよう。塾へ通うにしても、遠くの塾はさけ、なるべく近くでいい塾をさがそう。その前にだいじなことは、塾での勉強に頼りすぎないことだ。勉強はまず、学校の授業を何より大切にしよう。起きてる時間の半分は学校にいるのだから、そこで教わったことは100%“消化吸収”するくらいの気持ちでいたいね。「いい成績をとるためには予習・復習2時間以上」などというセオリーもあるが、それも授業の受け方しだい。短い時間ですませようと思えばできる。そうなれば、塾へもそう多く通わなくてすむはずだ。クラブと勉強をうまく両立させるには、勉強の方を工夫してやること、よく覚えておいてもらいたい。

<受験勉強の時期も続けるべきか>

中3は2学期までで引退、というクラブが多いはずだけど、高校入試のための受験勉強は、そのころすでにスパートがかかっている。クラブに打ち込んでいる人ほど悩む。部活はいつまで続けられるだろうか、と。これは人によっていろんなケースがあるから、自分で決めるしかない。ただし、中3の夏休み前までに決めておくこと。夏休みは受験勉強では、“天下の分け目”といわれるほど、だいじな時期だ。がんばった人とそうでない人の差が開くときでもある。この時期「詰め込むだけ詰め込む」とはりきる塾も多い。暑くて一番勉強に向いてない季節が、いまではこうなってしまった。しかたがないね。常識的に考えれば、「いい学校を受けよう」と考えてる人は、夏休みの受験勉強とクラブの両立は難しい。クラブには合宿があるはずだ。そこでは下級生のめんどうを、責任もってみなくてはならない。中3の合宿は、中2までとは違って負担の多いものになる。体力・気力とも自信のある人は、夏休みも部活を続けてもいいだろう。そうやって上位校に受かる人も、けっこういる。ただ、クラブは運動部でよほど本格的にやってる人は別として、中断しても高校でまた継続できる。受験のためやめていたクラブをまた始める、このときの喜びはまた格別なものだ。

 こうしてみてくると、クラブ活動は楽しい反面、いろいろな悩みのもとが凝縮されているようだね。だからこそ、6時限目までとは違った人間的成長ができるんだ。つらいこともあるだろうけど、がんばってもらい